11.Explorerを理解する

パーツを追加し、合体させ、エフェクトを追加したりと、色々学習してきました。ロブロックスではプログラミングを一切使わずに、走れる車などが作れるのです。車など、たくさんのパーツを組み合わせて作るモデルでは、パーツの構成が分からないと後々苦労してしまいます。パーツの構成を理解する上でも、Explorer(エクスプローラー)の見方や使い方は知っておくべきです。

Explorerウィンドウの表示

「VIEW」タブをクリックし、「Explorer」をクリックすると、Explorer(エクスプローラー)ウィンドウが表示されます。このウィンドウは常に表示しておいた方が便利です。

Mac の Finder、Windowsのエクスプローラーのようなものです。ゲーム内の情報がここに詰まっています。
まずは、Workspaceから説明します。

Workspace(ワークスペース)

画面に表示するものがすべてこの中に入ります。「Workspace」の左側にある「>」をクリックしてみてください。様々なものが表示されましたね。
「Billboards」から「Tools」まではすべてフォルダです。

「Billboards」の左の「>」をクリックしてください。6つの「Billboard」が現れました。これら1つ1つは、グループ化されたMODELです。「Billboard」モデルをクリックしてみましょう。Boardというものが1つ、Partが14個出てきました。これらはすべてパーツです。Boardというのは、名前を変えたパーツです。Boardだけ、まだ何か入っているようです。「SurfaceGui」さらに「ImageLabel」。これで終わりのようです。ちなみにこれは画像を表示するものです。

このように、たくさんのパーツを追加していくと、どれがどれだか分からなくなってしまいます。そこでフォルダ(入れ物)を作って整理したり、モデル化した後に名前を付けるわけです。

「Billboard」というモデルは、画面のどこにあるものでしょうか? 簡単に見つけられます。
これを選択し、[F]キーを押すだけです。画面の中央に選択されたモデルが表示されます。Partも同じように見つけられます。パーツが入り組んでくると、画面上で選択することが困難になります。そのような場合は、Explorerを使えば簡単にパーツが選択できるというわけです。

フォルダの作成方法

フォルダの作り方は簡単です。フォルダを作りたい場所までマウスポインタを移動すると、「+」マークが表示されますのでそれをクリックします。するとメニューが表示されますので、「Folder」をクリックすれば完了です。
「Folder」という名称のフォルダが作成できたと思います。
ちなみに、「Part」を選択するとパーツが挿入できます。後々、様々なものを追加することが出てきますので、名称のところまでポインタを移動すると「+」マークが表示されるということだけは、最低限覚えておいてください。

名前の変更

フォルダ、パーツやモデルの名称を変更する場合も簡単です。名前を変えたいところまでマウスポインタを移動し、右クリックするとメニューが表示されますので、「Rename」(リネーム=名前の変更)をクリックしてください。名前の部分が反転表示されますので、そのままキーボードで入力してください。
ちなみに日本語も使えますが、後々、プログラミングを行いたい場合は、英語名を使用するようにしましょう。

たいまつのエフェクトを確認する

たいまつのエフェクトをエクスプローラーで探してみましょう。さすがに分かりませんね。実際の画面の中でしたら簡単に見つかると思いますので、たいまつをクリックしてください。すると、エクスプローラー内のTorchというものが自動的に選択されるのが確認できる思います。モデル名も「Torch=たいまつ」ですから、間違いなさそうです。

さらに「Torch」の左側の「>」をクリックし、その中にあるPartの「>」もクリックして、すべて展開してください。FireとPointLightという2つのエフェクトが確認できると思います。そうです。エフェクトを追加するということはこういうことなのです。逆に、追加したエフェクトを削除するには、もうお分かりですね。削除したいエフェクトの上で右クリックし、「Delete」をクリックすれば消せるのです。どうですか?消えましたか?

[Ctrl]+[Z]を押せば1つ前の状態に戻せますが、それを使わずにエフェクトを追加してみましょう。
フォルダを追加した場合と同じです。エフェクトを追加したいパーツまでポインタを移動すると、「+」マークが表示されますので、それをクリックします。メニューが表示されますので、追加したいもの(下記の例では、Fireを削除したので、Fire)をクリックすればOKです。ずっと下までスクロールすればFireは見つかりますが、カーソルが表示されている「Search object」(サーチ・オブジェクト=オブジェクト検索)というところ(検索窓)に、「Fire」と入力しても見つかります。名称を覚えている場合はこちらの方が早いですね。

これで、エクスプローラーを使った追加と削除の方法が理解できたと思います。

エクスプローラー内には、実に様々なものが表示されています。ゲーム制作をする場合は、これらのものを理解していかなくてはなりませんが、ここでは、Workspaceだけ理解すれば十分です。一度にすべてを覚えようとせず、必要に応じて少しずつ理解していきましょう。

Properties(プロパティーズ)

パーツを学ぶ」のところの「Color(カラー=色)」という項目で、パーツの色はフルカラーで指定できると説明したかと思います。フルカラーで指定するには、Propertiesウィンドウを使用すると。
次に、Propertiesウィンドウについて学習したいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です