8.パーツを学ぶ

Part(パート=部品)

Partは、パートと読みますが、日本語では複数形の「Parts=パーツ」といった方がしっくりきますので、パーツと呼ぶことにします。

下記のようにパーツが雑然と置いてあるのが確認できると思います。これら1つ1つ、すべてパーツです。ここでは、パーツについて学習します。

「MODEL」タブに切り替えてください。

パーツの追加

新しいパーツを追加するには「Part」をクリックします。下の小さな三角形をクリックすると、メニューが表示され、4種類のパーツが選べるようになります。絵を見ると形状が何となく分かると思います。「Block」「Sphere」「Wedge」「Cylinder」をそれぞれ選んでみてください。

Block直方体/立方体
Sphere球体
Wedge三角柱
Cylinder円柱

この他にもありますが、「Part」から追加できませんので、別の機会に解説したいと思います。

Material(マテリアル=素材)

マテリアルとは、素材です。パーツの素材を変更するとで見た目を変えることができます。実は見た目だけではなく、重量や摩擦などの物理的な性質も変わります。モデルを作る際にはそのことも頭に入れて選んでください。
まず、マテリアルを変更したいパーツを選択し、「Material」の下の小さな三角形をクリックします。すると、様々な素材が表示されますので、お好きなものを選択してください。

マテリアルの種類を簡単に説明しておきます。実際に設定して確認してみてください。

Brickレンガ
Cobblestone石玉、玉石、天然の建設材料
Concreteコンクリート
Corroded Metalさびた金属
Diamond Plateダイヤモンドプレート、鉄板
Fabric織物、編み物、布
Foil箔、ホイル
Force Field光るエッジなど、さまざまな特殊効果を作るときに使う
Glassガラス
Granite御影石
Grass
Ice
Marble大理石
Metal金属
Neonネオン
Pebble小石
Plasticプラスチック
Slate粘板岩
Sand
Smooth Plastic滑らかなプラスチック
Wood木材
Wood Planks木の板

マテリアルは、他にもあるようですが、スタジオで設定できるものとしては22種類になります。マテリアルの定義は37種類あるようです。これらの設定はプログラムで行うことになります。

https://developer.roblox.com/en-us/api-reference/enum/Material

Color(カラー=色)

色の設定です。色を変更したいパーツを選択し、「Color」の下の小さな三角形をクリックします。カラーパレットが表示されますので、お好きな色を選択してください。色はこれ以外にもフルカラーで設定できますが、Propertiesウィンドウの方で指定することになります。こちらは別のところで詳しく解説したいと思いますので、ここでは下記のパレットを使って色を変更する方法だけ覚えてください。

続いて、パーツ同士の結合関係について学習していきましょう。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です