15.セーブと公開

パーツやモデル、さらにはツールボックスを使って、自分なりのゲームが作れたのではないかと思います。
それでは最後に公開して終了しましょう。セーブしただけではゲームは更新されませんのでご注意ください。

セーブする

FILEメニューの「Save to Roblox」を実行するとクラウドサーバーに保存されます。スタジオのウィンドウを閉じたときに表示されるメッセージで。「Save」を選択しても保存します。

公開する

クラウド上に保存しただけでは、ゲームは更新されません。つまり、現在公開中のゲームと、今回保存したものは別々のクラウドに存在するということです。
公開したい場合は、「Publish to Roblox」を実行してください。これを行わないと、せっかくゲームを更新しても反映されないということです。

ついでに、Fileメニューの6つ内容について簡単に説明しておきます。

Save to FilePCに上書き保存する
Save to File As…PCに名前を付けて保存する(新規セーブ用)
Save to Robloxクラウドに上書き保存する
Save to Roblox As…クラウドに名前を付けて保存する(新規セーブ用)
Publish to Robloxクラウドに上書き保存し公開する
Publish to Roblox As…クラウドに名前を付けて保存し公開する(新規セーブ用)

公開情報の変更

いつまでもゲームの名称が「ユーザーネーム’Place」では気に入りません。ゲームの名称や画像などを変更してみましょう。
HOMEタブに切り替え、「Game Settings」(ゲームセッティングス=ゲーム設定)をクリックしてください。

下記のような画面が表示されますが、スクロールしないと下まで見えないかもしれません。
①がゲームの名称です。日本語でも大丈夫なようです。なお、これがそのままファイル名になるようです。
②がゲームの説明です。どんなゲームなのかを知らせましょう。
③がゲームアイコンです。512x512ピクセルの画像を登録します。
④はゲームの詳細画面に表示される画像です。1920x1080ピクセルの画像が10枚まで登録できます。

Permissions(パーミッションズ=アクセス許可)

Permissionsは、アクセス許可を設定する項目です。3つの種類がありますので覚えましょう。

Friends(フレンズ=友達)

自分と友達登録したプレイヤーのみが入れます。

Public(パブリック=公開)

どのプレイヤーでも入れます。
現在編集しているこのゲームは、Publicになっているはずです。

Private(プライベート=個人)

自分だけしか入れません。
「作品」のページにも表示されなくなります。お気に入りに登録している場合はそこからアクセスすることができます。

Save

「Save」をクリックすると、ゲーム設定はすぐに反映されます。
なお、画像などの情報はすぐには反映されません。翌日になるまで反映されないこともありますので気長に待ちましょう。

ロブロックススタジオは、素晴らしいことにチーム制作に対応しています。まだベータテストのようですが、まったく問題なく使えています。チーム制作を行えば友人と一緒にゲームが作れます。何でしたら私もお手伝いすることができます。次はチーム制作の方法について解説します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です