【5】チェックポイントの作成

長いコースを作った場合、あと少しでゴールというところで落下してしまい、また最初からやり直す羽目になるとプレイヤーはイライラするでしょう。チェックポイントとして、複数のスポーン場所(リスタートできる所)を持つことで、プレイヤーはゲームの特定の部分に到達した後にリスポーン、再スタートすることができます。スーパーマリオなどのゲームでこういった仕組みを見たことがあるかもしれません。

リスポーン場所は以下のような状況に適しています。

  • 難しいジャンプの前や後
  • プレイヤーが短時間プレイした後

チェックポイントシステムの設定

各プレイヤーには、特定の SpawnLocation が割り当てられています。プレイヤーが新しいSpawnLocationに触れるたびに、新しい場所が以前の場所に置き換わります。途中で落ちてしまった場合は、最後に触れたSpawnLocationでリスポーンします。

チームサービスを追加する

チームサービスというツールを使って、複数のスポーン場所を作成することができます。各チームには固有のスポーン場所が割り当てられます。プレイヤーがステージをクリアすると、Teamが変更され、そのTeamに設定したスポーン場所に変更されるということになります。

チームとは
ロブロックスは、マルチプレイヤーのゲームです。そのため、何人ものプレイヤーがゲームに入ってくることを想定しなくてはなりません。それも同時に入ってくるのではなく、バラバラに入ってくるということを考えなくてはなりません。つまり、まだ1つのステージもクリアできていないプレイヤーを「チーム0」とし、ステージ1をクリアしたプレイヤーを「チーム1」と定義する。それがチームという考えです。

  1. MODEL(モデル)タブを選択します。
  2. Advanced(アドバンスト)セクション(一番右)で、Service(サービス)(2個の歯車)をクリックします。
  1. Teams(チーム)を選択します。
  2. Insert(挿入)をクリックします。
  1. ExplorerTeams(チーム)フォルダが作成されたことを確認します。

Teamを追加する

チームサービスが追加されたことで、Teamを作成することができます。作成したそれぞれのTeamは、ゲーム内の異なるスポーン場所(チェックポイント)が設定できます。プレイヤーがゲームを進めていくうちに、新しいTeamを切り替わっていくことになります。

  1. Explorerで、Teams(チーム)を右クリックしてメニューを表示します。
  2. Insert Object(オブジェクトの挿入)> Team(チーム)をクリックします。Teamsフォルダーに新しいチームが作成されます。

Teamが表示されない場合、ステップを最初からやりなおしてみてください。間違ったオブジェクトを右クリックしていたり、チームサービスを挿入していなかったりする場合があります。

Team名を変更する

チーム名というよりも、ステージ名エリア名といった方が分かりやすいかも知れません。名前はゲームのテーマに合わせます。以下に例を挙げます。

  • Stage 1(ステージ1)
  • Lobby(ロビー)
  • Unicorn Valley(ユニコーンの谷)
  • Village Area(村エリア)
  • Beginner Room(初心者の部屋)

チーム名の変更は以下のように行います。

  1. Team(チーム)を右クリックします。
  2. Rename(名前の変更)クリックします。
  3. 分かりやすい名前を付けます。(プログラミングのことを考慮するならば、英単語の方がベスト)

Teamのスポーンを変更する

現時点では、どのプレーヤーも最初の SpawnLocation にスポーンすることになります。よって、このままですと、15番目のスポーン位置にいるプレイヤーが誤ってゲームのスタート地点にリスポーンしてしまう可能性があります。

Teamプロパティを設定する

この問題を修正するには、Teamプロパティを変更する必要があります。

  1. スタート時のSpawnLocationをクリックします。
  2. Properties(プロパティ)ウィンドウで、Neutral(ニュートラル)のチェックを外します。
    ゲームに入ってきたときの最初のスボーン位置のみ、Neutralをオンにします。

これにより、プレイヤーはSpawnLocationTeamColorにマッチしてしている場合のみ、このSpawnLocationでスポーンすることができます。これにより、ゲーム内で問題が発生することを防ぎます。

最初のSpawnLocationにチームを割り当てる際には、SpawnLocationのTeamColorと、TeamのTeam Colorを同じにする必要があります。

  1. SpawnLocationPropertiesウィンドウで、TeamColorを探します。この色を覚えておいてください。
  2. 名前を変更したTeamオブジェクトをクリックします。
  3. TeamColorを最初の1のSpawnLocationと同じになるように設定します。
  4. ゲームをテストします。

SpawnLocationが機能しない場合、次を確認してください。
1. SpawnLocationのBrickColorではなく、TeamColorが置き換えられていることを確認します。
2. 色がまったく同じであることを確認します。

スポーン場所を追加する

スポーン場所をさらに追加することにより、プレイヤーにより長く楽しい体験を提供することができます。

  1. 新しいSpawnLocationを追加します。
  2. SpawnLocationの名前をSpawnLocation2に変更します。
  3. AllowTeamChangeOnTouchをONにます。SpawnLocation2に触ったプレイヤーは、このTeamColorに変更され、新たなチームに変わります。
  4. Neutralのチェックを外します。
  5. 新しいTeamColorを選びます。

Teamオブジェクトを設定する

  1. 新しいTeamオブジェクトを作成します(Teams(チーム)を右クリック > Insert Object(オブジェクトの挿入)> Team(チーム))。
  2. エリア名に変更します。例:Stage2

チームプロパティを変更する

  1. AutoAssignableのチェックを外します。
  2. TeamColorを変更し、新しいSpawnLocationと同じにします。

AutoAssignableをONにするのは最初のチームのみとします。プレイヤーがゲームをスタートさせると、自動的に最初のチェックポイントに割り当てられます。

プロジェクトを続ける

  1. 少なくとも3つの新しいスポーンロケーションを追加します。
  2. 意図した通りに機能することを確認するため、各ポイントを追加するたびにテストします。
    スポーンロケーションはたくさん追加してかまいません。ただし、次の点に注意してください。

それぞれ異なる – 名前に変更します。(例:SpawnLocation2、SpawnLocation3 …)

  • 各スポーンロケーション/チームオブジェクトごとに異なるチームカラーを使用します。

問題:プレイヤーが間違ったスポーン場所にスポーンされる場合、 次の点を確認してください。
・最初のチームのみがAutoAssignに設定されているかどうか
・SpawnLocationがNeutralがONになっているかどうか
・色がSpawnLocationのTeamColorとチームオブジェクトTeamColorに一致してしているかどうか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です